ボッテガヴェネタBOTTEGA VENETA)とは?
ボッテガヴェネタ(BOTTEGA VENETA)は、イタリアのファッション・ブランド。1966年に、イタリアのヴィチェンツァでモルテド夫妻が、家族だけのビジネスとして高級革製品の生産を始めた。ボッテーガ(工房)の名前の由来どおり、職人がなめし革をメッシュ状に編みこんだイントレチャートという独特な技法をもっています。 上質な皮革から職人が丁寧に作り上げたボッテガベネタの革製品は非常に柔らかく、時に「シルクのようだ」とも評されます。 使えば使うほどに出る高級な革の柔らかさや風合い、使用していく人にフィットしていく馴染みのよさがボッテガヴェネタの人気の秘密であり、特にキャリアを積んだ出来るオンナのブランドとして静かなブームでした。2001年に、グッチグループの傘下に入った。現在の主任デザイナーは、ドイツ出身のトマス・マイアー。グッチグループ傘下に入った際、それまで展開していた商品をほぼ全て廃盤にし、(ヴィトンのモノグラムの様な塩化ビニールを使用していた物が多かった)トレードマークすら廃止した 現在ブランドの代名詞となったイントレチャートは数十年前の商品からデザインモチーフを得たものである。 日本では銀座に世界最大級のボッテガヴェネタ(BOTTEGA VENETA)旗艦店がオープンしています。 また海外の直営店からボッテガヴェネタ(BOTTEGA VENETA)製品を直接買い付けているショップも増えてきました。 ボッテガベネタ(BOTTEGA VENETA)といえばイントレチャートのカバンや靴・サンダルなどが有名ですが、それ以外にもアクセサリーや家具など幅広い製品を扱っています。

ランキングに参加してます。応援してくれると励みになります。よろしくお願いします<(_ _)>
ブランド blogram投票ボタン
クリックだけでサイトオーナーに訪問を知らせる事ができます!
おきてがみ




ボッテガヴェネタ Yahooオークション BOTTEGA VENETA





2008年01月01日

ボッテガ・ヴェネタのお手入れ方法


【お手入れの注意】
■ベンジンやシンナーは厳禁!
■濡れタオルでのお手入れは厳禁!  
■クリームなどのお手入れは、目立たないところで試してみる。


革製品のお手入れは大切です。お気に入りのボッテガヴァネダはいつまでもきれいなもので使いたいものです。

やはり皮製品は手入れをするのとしないのでは、歴然の差が!
お手入れ方法を調べてみたところ、いろいろあり過ぎてこれが正解というのは、なさそうです。
ここでは、一般的に言われているお手入れ方法は以下です。
一般の革製品は柔らかい乾いた布で優しく拭く。
保革用にはプレミアムローションが良いようです。
濡れてしまった時は乾いた布で水分をふき取り、陰干し。
部分的な汚れは革専用のリムーバーや汚れ落とし消しゴム(ソフトガミ)などを使って落とす。
汚れ防止策にプレミアムプロテクトをスプレー

もっと詳しくお手入れ方法が記載されていますので、参考にして下さい。
レザーカフェ♪の革ケアRE・CI・PE
羊革(ラム・シープ)のケア
■クリーニング&修理の専門店を利用するなら靴・バッグのクリーニング&修理専門店【ワールドnet】

ブログパーツ
posted by にゃべお at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボッテガヴェネタのお手入れ方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。